人生

「やりがいのある仕事」なんて幻想です

こんにちは!
あやです。

先日、こちらの本を読みました。

「やりがいのある仕事」という幻想
森博嗣 著

2013年に書かれた本みたいなのですが、
「え?予知能力でもあるんですか?」
と思ったくらい、
「仕事」に関しての未来を見抜いている感じがしました。

私はずっと「いつか天職に出会いたい」
という憧れを抱いていて、
なかなか出会えないことに焦りも感じていたんです。
「仕事が楽しい〜!」という人に対して
うらやましく感じたり、
「それに比べて自分は…」と卑下したりも。

でもこの本を読んだら、
「なんだ、それでいいのか〜!!」
肩の力がフッと抜けてとてもラクになれました。

今日は、この本から得た3つの気付きを紹介します。

この本はこんな人におすすめ

・仕事にやりがいを感じず、楽しくない
・仕事をやめたい
・自分の仕事にコンプレックスを抱いている

気付き①人は働くために生きているのではない

いつのまにか仕事が
人生の「目的」になっていませんか?

人は何のために生きているのでしょうか。
私は、幸せになるためだと思っています。
幸せになるためには、
自分の好きなこと・やりたいことをしますよね。
その際どうしてもお金が必要になることがあります。
だから人は、そのお金を得るために、働いている。

仕事は「目的」ではなく、
あくまでも「手段」だと考えることができます。

 

ただいくら仕事がイヤだといっても、
お金がたくさんあって仕事をする必要がなくても、
仕事をまったくしないという人生は考えられないと思います。

「仕事は人生における最大の暇つぶし」
という言葉を聞いたことはありませんか?
いくら大金持ちになったからといって、
ずっと遊んでいると飽きてしまって
結局はまた何かしらの仕事をしている人が大半だそうです。

みんな仕事そのものがイヤなのではなくて、
たんに「働き方」とか「職場の人間関係」がイヤなだけ、という場合も多いですしね。

人に感謝されたり、
自己肯定感が高まったり、
お金という報酬以外にも仕事による喜びを感じることは多い。

でもけっしてみんなが
仕事のために生きているわけではなく、
幸せな人生にするために「仕事」も必要で、
人生の一部だと考えられる、というわけです。

気付き②人の価値は仕事によって決まるわけではない

あの人は有名な大企業で働いていて、すごい。
あの人は仕事で社会貢献していて本当に偉い。

でも、私は・・・

なんて思ったことありませんか?

「人の価値」って、何によって決まるのでしょうか。

書籍【「やりがいのある仕事」という幻想】では
このように書かれていました。

自分で自分をどこまで幸せにできるか?
がその人の価値であり、
それを自分で評価することが大切。

先ほどの「生きる目的」と
つながってくるのですが、
人の価値は仕事によって決まるわけではなく、
「どれだけ自分を幸せにできたか」で決まる
ということなんです。

しかもそれは他者から
「あなたはこれだけ自分を幸せにできているから、これくらいの価値があります」と評価されるべきものではありません。
自分で自分を評価すればよいのです。

本には、こうも書いてありました。

普通の人間関係において、
資格・職種・肩書は重要ではない。

他者を評価するときは、「自分との関係」で見るべきなんですね。

  • 名門大学を出て大企業に就職して出世してるから
  • お医者さんだから
  • 会社経営している社長さんだから

・・・といったことではなく、

  • いつも優しく相談に乗ってくれる
  • 共通の趣味の話題で楽しく盛り上がれる
  • 一緒にいるだけで落ち着く

といった、
「自分との関係で見たときにどんな相手か」
が1番大切なことではないでしょうか。

気付き③「生きがい」を仕事の中で見つける必要はない

私は以前からずっと
天職を見つけたい!と願っていたので、
「仕事が生きがい」だという人をうらやましく思っていました。

仕事って、一生のうちでもかなりの時間を占めますよね。
【仕事=生きがい】なら
その時間全部が充実しているってことだし、
そのうえお金までもらえるだなんて
素晴らしいことだなと。

自分だけの「幸せの基準」の中にも、
当初は【天職を見つけること】が入っていたんです。

あなたの幸せの基準は何ですか?こんにちは! あやです。 今日のテーマは、 幸せの基準についてです。 突然ですが、あなたは どんなとき幸せを感...

でも、
必ずしも「生きがい」を仕事の中に見つける必要はないとのこと。

もちろん、
仕事の中に生きがいを感じられる人はそれでいいんです。
(それは今でもうらやましいです。)

ただ先ほど①で、
「人は働くために生きているのではない」
とお伝えしたとおり、
あくまでも仕事は幸せになるための手段なので、
仕事以外で「生きがい」を見つけられれば
それでいいじゃないか!ということ。

私の生きがいは、こんな感じ。

  • 読書後にアウトプットをして人生をより良くすること
  • 家族といっしょに楽しくおだやかな時間を過ごすこと
  • インスタ発信でフォロワーさんの役に立つこと→あやのInstagram

これらの「生きがい」を維持していくために必要なものが、
お金を稼ぐための「仕事」だと考えれば、
仕事も生きがいの一部に含まれている気がしてきますね。

とはいえ
「生きがい」まではいかなくても、
できるだけ楽しく働きたいって思いませんか?
仕事で楽しいことがひとつもない、となると
いくらなんでもつらすぎますよね。

そんなときはどうすればいいのでしょうか。

どうしても仕事がつらくて楽しくないときの対処法

この本の中から、できるだけ楽しく働くためのヒントを見つけました。

「この仕事をすることによってお金をもらい、どんな楽しいことをしようか」と想像しながら働く

仕事以外で「自分が本当にやりたいこと」を、
経済面で支えるものととして意識しながら仕事をしてみるのです。

すると、不思議とワクワク働けるようになります。
ついでに、
「お客様がいることでお給料がもらえているんだ」
「この作業をすることで報酬がもらえているんだ」
と、日々の仕事にも感謝できるようになります。

要するに・・・

仕事=お金を稼ぐもの

と割り切ってしまう!!!笑

仕事自体にやりがいとか、生きがいとか、
無理に求めなくたって大丈夫。
それ以外で見つけられたら、十分です。

まだ見つかっていないのなら、
1度立ち止まって「自分だけの幸せの基準」を考えてみたり、
どんどん新しいことを経験してみて
これから出会えるといいですね。

書籍【「やりがいのある仕事」という幻想】
が気になった方は、
こちらからチェックしてみてください。
仕事に対する価値観がガラリと変わるかもしれません。

それでは、
今日はここまで〜!

まとめ

・仕事は、幸せな人生にするための手段
・仕事に生きがいを見つけてもいいし、仕事以外で見つけてもいい