不妊治療

私の不妊治療歴〜初めての移植〜

こんにちは!
あやです。

 

今日は、
私にとって最初で最後となった
胚移植について。

前回の
〜採卵周期⑥⑦⑧移植の決意〜からの続きです。

私の不妊治療歴〜採卵周期⑥⑦⑧+移植の決意〜こんにちは! あやです。 今日は、 〜受精結果〜からの続きです。 https://www.aya-money-life....

 

移植周期

私の通っていたクリニックでは
新鮮胚移植は行っておらず、
すべて別の周期で移植する
凍結胚移植となっていました。

少しでも着床率を上げるため
という理由からだそうです。

凍結胚移植に向けて、
まずは体を妊娠しやすい状態に整えることに。

移植までに通った回数は、
D3とD11の2回です。

 

~D3~

E2   98.6
FSH  5.4
LH   1.2

 

●処方薬●
エストラーナテープ
(2日に1回、2枚ずつ)

NEソフトカプセル(ビタミンE)
(1日3錠×毎日分)

●お会計●
¥15,088

 

~D11~

E2   88.3

 

●処方薬●
エストラーナテープ
(2日に1回、3枚ずつ→4枚、6枚、8枚まで増える→移植日からは4枚へ)

NEソフトカプセル(ビタミンE)
(1日3錠×毎日分)

ルトラール
(移植2日前から1日3錠毎日服用)

バファリン配合剤A81
(移植翌日から1日1錠毎日服用)

抗生剤
(移植前日のみ服用)

●お会計●
¥14,832

 

D23となる日に、
移植をすることが決定しました。

前核期凍結卵を融解し、
2日目もしくは3日目の分割胚を移植する
予定になっていたので、
ちゃんと正常分割してくれるかと
いう不安はもちろん大きかったです。

体外受精の中で
1つの大きなハードル。

それを無事にクリアしてくれた分割胚を、
いよいよ移植することになりました。

移植の日

初めての移植日。

一刻も早く移植したかった私は、
やっとこの日を迎えられて
素直にうれしかったのを覚えています。

1つしか卵が無いのに、とか
陰性だったらどうしよう、とか
不思議とそういうネガティブな考えはなく。

とにかく、
待ちに待った移植ができる!!!
という思いが強かった。

採卵さえままならない私が
移植までたどりつけるなんて、
夢のまた夢だったから。

 

移植前、
体外受精コーディネーターさんから
受精卵(胚)についての報告がありました。

これから移植する胚の映像も見せてもらいました。
(この映像のCD-Rは、プレゼントとして頂くことができました)

胚のグレードは5B

5Bというのは、
5分割で、A~E評価のB。

もともとグレードも
そこまで気にしていませんでした。

評価がAでも妊娠できないことはあるし、
あまりよくないグレードでも
妊娠することはあって、
あくまでも見た目の評価だから
という認識があったからかも。

 

そしていよいよ
自分の順番がやってきました。

ちなみに当時このクリニックでは、
事前に尿をしっかり溜めないといけなかったです。

 

移植は、
麻酔ナシですぐに終了

エコーで、
胚が移植される様子をリアルタイムで見せてもらえて、なんだか感動…!

受精卵(胚)とか
移植の瞬間とか、
自然妊娠では絶対に見ることができないものを見れるのって、特権ですよね。

 

移植を終えて帰る途中、
気のせいかもしれませんが、
お腹の中がぽわんとあったかく感じました。

とにかく、
自分の体の中にあるというだけで幸せな気持ち。

 

あぁ、卵が私のお腹に帰ってきてくれた。
おかえり。
ありがとう。
頑張って大きく育ってね。

いろんな思いが
ずっと頭の中を駆け巡っていました。

 

ET15が判定日。
それまで経験したことのない緊張感で、
毎日を過ごすことになります。

 

●処方薬●
エストラーナテープ
(1日4枚、2日に1回貼り換え)

ルトラール
(1日3錠×毎日分)

NEソフトカプセル
(1日3錠×毎日分)

バファリン
(1日1錠×毎日分)

●お会計●
¥124,986

移植代含む。

  • 凍結胚 融解手技料¥21,600
  • 凍結胚 培養・移植¥75,600
  • 孵化補助施行 18,360

 

移植後の症状

移植後の症状は人によって様々なので
何とも言えないのですが、
私に起こったことを
ひとつの参考として記しておきます。

わりと典型的な症状が
いろいろ出たほうかと思います。

移植当日

  • お腹がぽわんとあったかい感じ

 

ET1~ET6にかけて

  • 胸の張り
  • 下腹部のチクチク
  • 眠気
  • 熱っぽい
  • 寝汗

→これらの症状はその後も継続

 

ET7

  • 顔に広範囲の肌荒れが始まる

 

ET9

  • 夜、ティッシュに少量ピンクの血

※着床出血と思われる

 

ET10

  • ティッシュにピンクの血
  • 生理終わりかけのような茶オリ
    (量はおりものシートで足りるくらい)

※着床出血2日目

 

ET11

  • 夜のみ、ごく少量ピンクの血

※着床出血3日目

移植後1週間のあいだの症状は、
薬の影響もあるだろうし
生理前にもよくある症状かな・・・
と思っていたのでまだ冷静でいました。

ただET9~11の3日間に
ごく少量の出血があったことで、
これは着床出血に違いない!
と確信が持てた私。

判定日の前日(ET14)に
思い切ってフライングを行うことにしました。

続きはこちら↓

私の不妊治療歴〜判定日からクリニック卒業まで〜こんにちは! あやです。 今日はいよいよ、 私の不妊治療歴シリーズの クライマックス。 前回の 〜初めての移植〜の続...

治療歴をまとめた本を出版しました↓

電子書籍(Kindle本)を出版しましたこんにちは! メンタルケアカウンセラーのあやです。 1ヶ月ほどブログ更新をお休みしておりました。 何をしていたかというと・・・...