人生

おすすめ時短家電〜家事時間を減らして自分時間を増やそう〜

こんにちは!
メンタルケアカウンセラーのあやです。

今日のテーマは家事時間について。

今は何より子供との時間を優先すると決めている私。
他にもやることはあるけれど、
1日24時間なのは変わらない。

何かの時間を作りたいなら、
何かの時間を削るしかないですよね。

そこで!
減らすべきは【家事の時間】!!

私も子どもが生まれてからは、
なるべく自分で家事をしなくてすむ方法を考えに考え抜いて、今のスタイルに落ち着ちつきました。

試行錯誤のおかげで
今は子どもと過ごす時間がたっぷりとれ、
毎日イライラすることもなく
仕事と家庭の両立がうまくいっています。

今日は
家事時間を減らすために私がしていることと、
おすすめ時短家電を紹介します。

我が家の家事分担

以前もチラッと触れましたが、
うちのフリーランス夫はほとんど家事をしません。

料理と掃除は基本的にノータッチ。
今までほぼやったことがありません。

夫の担当
  • ゴミ捨て(ゴミまとめは私)
  • 洗濯物を干す(洗濯機をまわすのは私)
  • お風呂とバルコニーの大掃除(年に2回くらい)

それ以外すべてが・・・私。(笑)

でも今はパート主婦の身なので
そこは割り切っています。

それに慣れない家事を文句言いながらされるよりも、
「家事は私のやり方で効率よくやるから
その間子どもと遊んでいてほしい」というのが本音。

家事のほとんどを担当している私が、
どのように工夫して家事時間を減らしているのか?
料理・洗濯・掃除のそれぞれで
見ていきましょう〜!

料理

食洗機

マイホーム購入が決まり、話し合いが進む中で、
食洗機の導入だけは迷わず主張しました。
なのでうちのキッチンには備え付けの深型食洗機があります。

食後に食器を入れるだけで
洗浄と乾燥までしてくれるので、
今までどれだけの時間が浮いていることでしょう。

  • 手で洗ったほうがキレイになる
  • 予洗いが必要で結局時間がかかる

という声もあるのですが、
食器の量や入れ方を工夫すれば
ちゃんと汚れは落ちるし、
予洗いを含めても食後5分くらいで終わります。

手洗いしていた頃は子どもの相手もできないし、
終わる頃にはどっと疲れていました。
今では浮いた時間をゆったり家族で過ごせています。

レパートリーの固定

1週間の献立を考えるのって・・・面倒ですよね。
料理は好きなんですが、
作る時間は最小限に抑えたい。

そこで、平日のレパートリーは固定をすることにしました。

朝食は必ずワンプレート
主食(パンかおにぎり)、
卵などのタンパク質、
サラダ、フルーツ、ヨーグルト。
という感じでだいたい決まっています。

夕食はメインのレパートリーを固定してあり、
週に1度買い物で材料を買っておいて、
その日の気分でメニューを決定。

今だと、

  • カレー
  • お肉かお魚を焼く
  • お好み焼きか焼きそば
  • 餃子
  • 鍋(冬のみ)

という感じでメインだけ固定していて、
そこに小鉢やサラダをプラスするだけ。

本当に簡単なメニューばかりやるので、
時間はかからないし疲れないし最高・・・!
浮いた時間で、
子どもに絵本の読み聞かせをしています。

夫も、好きなメニューなら繰り返し食べたい派なので喜んでいます。笑

子どもが手を離れたら、
料理にかける時間も増やして楽しみたいなと思っているんですけどね。

洗濯

乾燥機

うちの洗濯機は、乾燥機能付きの縦型
義両親との同居時代は
ドラム式を使っていたのですが、
「縦型のほうが汚れがよく落ちる」と聞いて購入。

でもやっぱり縦型だと、乾燥が微妙ですね。
量が多いと生乾きになるし、
時間もものすごくかかります。

なので、タオルなどの小物だけ乾燥機を利用。
量が少なければふわふわに仕上がります。

ドラム式にしておけばよかったかなーとも
思ったのですが、
その他の衣類は除湿機を使って乾かしています。

除湿機

晴れた日は洗濯物を外に干すことも多いですが、
冬や天気のよくない日、花粉の時期などは室内干しをします。

そのときに大活躍しているのが、除湿機です。

うちはPanasonicのハイブリッド方式のものを使用。
もともと除湿機には

  • コンプレッサー方式(夏は除湿能力が高く、冬は低い)
  • デシカント方式(冬も除湿できるが、室温を上げるため夏の使用に向かない)

の2種類があるのですが、
この2つの方式を1台に融合したのがハイブリッド方式です。

気温に左右されることなく、
1年中優れた除湿能力を発揮する優れもの。
少し高価なのが難点ですが、
メリットの方が大きいのでおすすめです。

もともとマイホーム設計時から考えていたのが、
「洗濯物を取り込んだらハンガーのまま収納」
できるような動線。

だから脱衣所に、
天井埋め込み型の室内干しユニットをつけました。
使用時に昇降できるタイプの物干し竿です。

室内干しの流れ
  1. 洗濯機から取り出した洗濯物をハンガーにかけ、室内干しユニットにかけていく
  2. 除湿機を洗濯物の下に設置し、除湿スタート
  3. 洗濯物が乾いたらハンガーごとクローゼットに移動する

夫が①②までやってくれます。
③の収納は、
私が自分と子どもの分を、
夫は自分のものをそれぞれクローゼットへ。

掃除

お掃除ロボット

お掃除ロボを利用しているご家庭は多いと思います。
外出している間に床がキレイになるので本当に助かりますよね。

今はネットで見つけた格安の商品を使用中ですが、
もし壊れたら次はルンバが欲しい・・・!!

あとはブラーバの購入も検討中です。
ルンバとブラーバ2台持ちのお家もちらほら見かけますが、実にうらやましい・・・!!
水拭きって重労働なので、
これもロボに任せられたら最高。

個別株でちょこっと儲けることができたら、
買いたいなーと思ってます。笑

家事代行

基本的に、「水回りはついで掃除」と決めていて

  1. トイレ
  2. キッチン
  3. お風呂

は使うたびにサッと短時間でキレイにするよう心がけています。

水回り以外も、
毎日目に触れるところはササッと「ついで掃除」したほうが後でラク。

ただ・・・
大掃除するような箇所だけは本当に掃除が億劫。
そこで先日家事代行を試してみました。

初めて家事代行サービスを利用してみてわかったことこんにちは! あやです。 今日のテーマは、 家事代行サービス。 先週、 初めてハウスクリーニングを利用してみました。 ...

エアコン掃除とか、
窓の掃除とか、
自分でやると大変な大掃除レベルのものは
思い切って家事代行に任せよう!と決めました。

 

いかがでしたでしょうか?
ここで紹介したものは、すでにご家庭で取り入れていることも多いと思います。

全ての人にとって、
1日は24時間。

「自分でやらなくてもいい家事」はどんどん削り、
家族など大切な人との時間
自分だけの大切な時間にまわしていきましょう。

人生が豊かになること、まちがいなしです!

まとめ

・何かの時間を増やすためには何かの時間を削る必要がある
・家事の時間を減らせないか考えてみる
・おすすめ時短家電は食洗機・除湿機・お掃除ロボ