不妊治療

【不妊治療中】まわりからの妊娠・出産報告がつらいとき、どうすればいい?

こんにちは!
メンタルケアカウンセラーのあやです。

今日のテーマは
妊娠・出産報告されるのがつらいときの対処法について。

 

不妊治療中って、どんなことが1番つらいでしょうか?

  • 仕事との両立
  • 治療費の捻出
  • まわりからのプレッシャー
  • 体調の変化
  • 夫とのケンカ

本当にいろいろありますよね。
その中でも、今日はメンタル面について取り上げます。

この記事はこんな人におすすめです
  • 自分と他人を比べて落ち込んでしまう
  • まわりからの妊娠・出産報告を素直に祝福できない
  • 芸能人の妊娠ニュースさえ聞きたくない

私が不妊治療をしている頃、
こういった場面でどのように乗り越え、
メンタルを保っていたのかをお伝えしていきます。

自分とまわりを比べてしまう

「友人や同僚からの妊娠・出産報告を聞くのがつらい」
という相談をよく受けます。

私も精神的にかなりのダメージを受けていたので
とっっっっってもよくわかります、その気持ち。

自分が結婚する前は
友人の妊娠出産を心から祝福できていたし、
もともと子ども好きなので
積極的に赤ちゃんにも会いに行っていた私。

でも結婚後
自分が不妊治療をスタートさせてからは、
私より後に結婚した子が
次々と妊娠していくたびに、
自分の心がすさんでいくのがわかりました。

まさに不妊あるあるですね。
不妊治療している人にしか
絶対にわからない感情です。
不妊様と言われようが、辛いものは辛い。

1年以内に80%
2年以内なら90%

これ、何の確率か知っていますか?

健康な人なら、
避妊しないで夫婦生活を続けた場合、
1年で80%、
2年で90%の人が妊娠に至るそうです。

だから、まわりの結婚した友人や同僚たちが
結婚後まもなく妊娠するのは、
当然と言えば当然なんですね。

でも私、
この数字を知ったとき
不妊様感情が爆発してしまったんです。

  • 私の場合、治療しなければおそらく一生妊娠することはない
  • 治療したところで絶対に授かれるわけでもなく、むしろ確率はものすごく低い
  • 誰よりも子供が欲しいと願っているのに、こんなに時間とお金を費やしても授かれる保証なんてない
  • ふつうの人が当たり前にもっているものなのに、なぜ私にだけないのか

何も問題なく妊娠していく人と
不妊治療でもわずかな希望しかない自分を比べては、落ち込んでいました。

そんな思いを毎日抱いて
不安と戦っているのに、
ひっきりなしにまわりから伝えられる幸せな報告。
自分の人生にまったく関係のない芸能人の妊娠ニュースにでさえ、敏感に反応してしまう始末。

もうね、平静でいられるわけ、ないですよ。

妊娠・出産報告を受けたときは・・・

友人や同僚から妊娠・出産報告があったときは、
対面の場合はもちろん笑顔で「おめでとう」と言えてました。
大人ですから。
(笑顔はひきつっていたかもしれませんが笑)

LINEで来たら、
盛大なお祝いメッセージと
おめでとうスタンプを返して。
(このときは完全に無表情…ゴメンナサイ)

そして…
その夜は必ずと言っていいほどお風呂で声を殺して泣きました。

  • 心から祝福できない自分がいること
  • 私のほうが先に結婚したのに…どうして私だけ…という気持ち
  • 夫への申し訳なさ

いろんな感情が混ざってどうしようもなく辛かったです。

 

これ本当の話なんですけど、
わたしのまわりの既婚の友人たちは全員子供ができてるんです。
みんな結婚して1~2年で。

体外受精していた友人が1人だけいましたが、
その子も1度目の移植で見事授かりました。
そのあとは「体質が変わったみたいなの!」と、
自然妊娠で2人目、3人目も出産していました。

そして私の治療中は、
ちょうどまわりが2人目ラッシュの真っ只中。
「家族が増えました〜」
の報告が相次いでいたのです。

 

とにかくこんな状況、
絶対に精神衛生上よくないと思ったので、
自分なりに対応策をとることに。

①妊娠・出産・育児の話題からとにかく距離を置く

第一子を妊娠して、安定期に入りました
若いうちに子どもつくっておいたほうがいいよ!私が子ども産んだときはね・・・
あの子、2人目できたらしいよ〜!うちは上の子は手がかからないけど下の子は大変で〜

私が徹底したのは、
そういった話題からとにかく距離を置くということ。

私が実際にやったこと
  1. 妊娠中・子持ちの友人とはなるべく会わない
  2. リア友のSNSは見ない
  3. ネットニュースを見ない
  4. 誰かといて妊娠の話題になったときは、やんわりと話題を変える

全部、自分のメンタルを守るために必要なことでした。
「妊娠すること」は自分の人生において最も優先すべき大切なことだけど、
あえて考えすぎないように、
ただ治療を淡々と進めるために。

この方法によって
妊娠・出産報告を受けたり、目にすることは少なくなりました。

②他のことに没頭する

妊娠・出産報告をなるべく回避していても、
完全に避けることはできません。

報告を受けてしまった後も
そのことばかり考えなくて済むように、
「何かに没頭する」のがおすすめ。

何か他に没頭できるものがあると全然違うと思います。
実際、私がそうでした。

私の「没頭」リスト
  • 美容
  • 旅行
  • 読書
  • 美味しい食事とお酒

いちばん没頭したのは「美容」ですね。
私は仕事も美容関係だったのですが、
自分でスキンケアのことを勉強したり
新しいコスメをいろいろ試したり
美容本を集めたりしてました。

これ、「美容にはそんなに興味ない…」という方にもすごくおススメなんです。

治療中うまくいかないことが続くと
暗い気持ちになってしまいますが、
自分がキレイにしていることで
女性としてのモチベーションを保つことができ、
不思議と明るい気持ちになれるんです。
外見をキレイにすることで、
内面まで引っ張られるんですね。

「妊娠できたら自分のことに構う時間も減ってしまうから、治療中こそキレイになれるとき!」と前向きに考えることもできます。

  • 今しかできない髪型や髪色にチャレンジ
  • 新しい化粧品を試してみる
  • 永久脱毛に通う

新しいサロンを探して行ってみるのも
楽しいですよね!
いろんなサロンのページを見ているだけで
ワクワクが止まらない・・・


私は不妊治療時代、手足の永久脱毛に通ってました。
こちらのミュゼ、お得すぎませんか…!?笑

他にはヨガやランニングを始めてみたり、
内側から美しくなるための料理を極めるのもいいかもしれません。

今だと、こちらのようなオンラインヨガも流行っていますよね〜!
教室に通えなくてもおうちでできる良い時代です。
私もやってみたい!

もちろん美容以外でも、
自分が楽しい!と思えることならなんでもいい。
何か没頭できるものがあれば、
妊娠・出産報告を受けたときのつらさがかなり紛れます。

③「子どもがいたらできないこと」をする

②の「他のことに没頭する」と多少かぶりますが、
夫婦2人でいる間しかできないことを楽しむのもおすすめです。

特に小さな子どもがいる家庭では、
大人がやりたいことをかなり制限されてしまいます。

だから妊娠・出産報告を受けたときは
「子どもがいたらできないこと」を、逆にあなたがやるのです。
たとえば・・・

  • 夫との記念日を大切に祝う
  • 習い事を始める
  • ちょっと高級なレストランで食事
  • 国内外問わず旅行する
  • 休日は心ゆくまで思いっきりゴロゴロする(笑)

実際に意識しながら試してみると
「これは今だからできる貴重な体験なんだな〜」
と思えるので、
自分たちだけのために時間を使えることのありがたさを実感でき、おだやかな気持ちを取り戻せます。

④心を許せる相手に話を聞いてもらう

そして、
いろいろ試してみても
本当に辛くてどうしようもないときは、
誰か信頼できる相手に頼ってください。

  • パートナーや家族
  • 不妊治療していることを打ち明けている友人
  • SNSで知り合った、不妊治療経験者
  • プロのカウンセラー

自分の気持ちを正直に吐き出せて
受け止めてくれる相手がいると、
それだけでずいぶん違うと思います。

私の場合は、不妊カウンセラーさんのメールカウンセリングを受けていました。
クリニックのサービスとして紹介されていて利用してみたのですが、効果大!
本当に気持ちがラクになるんです。
誰かから妊娠・出産報告があるたび、頼っていました。
私が送っていた相談メールの内容は、
こちらで公開しています↓

【不妊治療中のメールカウンセリング】私が送っていたお悩みメールを公開〜前半〜こんにちは! メンタルケアカウンセラーのあやです。 先日こちらの2つの記事で、 私が不妊治療中に受けていたメールカウンセリング...
【不妊治療中のメールカウンセリング】私が送っていたお悩みメールを公開〜後半〜こんにちは! メンタルケアカウンセラーのあやです。 前回こちらメールカウンセリングについての記事で、 私が実際に送っていたメー...

私も現在、お悩み相談を受け付けています。
ご興味のある方はぜひご覧ください。
不妊治療中のお悩み、なんでも相談に乗ります 治療経験者のカウンセラーがあなたの気持ちをラクにします

誰が何と言おうと、
前向きに治療を続けるためには
自分のメンタルが1番大事!!

まわりの人から幸せ報告を聞いて
それを心から祝福できなかったとしても、
それは治療中の「今だけ」です。
あなただけではないので、
そこまで落ち込むことはありません。

不妊治療中のメンタルケア、自分なりに考えてみることをおすすめします。

それでは、
今日はここまで〜!

まとめ

・妊娠出産報告はなるべく回避!
・受けてしまったときは対処法を試してみよう
・自分のメンタルは自分でしか守れない