人生

飽き性の私でも習慣化できたこと10選

こんにちは!
メンタルケアカウンセラーのあやです。

今日のテーマは、習慣化

「良い習慣」をずっと続けたり
「悪い習慣」をやめたりするのって、
けっこうむずかしいことですよね。

私は「習慣」にまつわる様々な本を読んで、
だんだんと習慣力が身についてきました!

今日は、
1年以上継続できている「10の習慣」を紹介します。

①起床後すぐのヨガポーズ

運動が苦手な私ですが、
昔からヨガだけは好き。
不妊治療しているときも、
ジムのヨガクラスに通っていた時期があります。

今は仕事・家事・育児で忙しく、
家でヨガのためのまとまった時間をとったり
教室に通うことはできていません。

とりあえず1ポーズでも毎日続けることから始めよう!
と思い立ち、毎朝「太陽礼拝のポーズ」をベッド横でやるように。

時間にしてほんの1〜2分足らずですが、
その間だけはひたすら呼吸に集中。
寝ている間に凝り固まった全身の筋肉がほぐれ、
目も覚めてスッキリ。
起きたらこれをやらないと気持ち悪い!
というレベルにまでなりました。

ヨガポーズでなくても、
起きてすぐのストレッチは体が伸びて気持ち良いのでおすすめです。

②5〜6時の朝活

子どもの寝かしつけのため
一緒に私も21時に就寝するようになってからは、
自然と朝5時台に目覚めることが多くなりました。

そこで、朝の準備を始める6時までのあいだは
【朝活タイム】にすることに。

現在はこのブログを書く時間に充てていますが、
読書や何かのアウトプットの時間のために使うこともあります。
先月はずっとこの時間を利用して、
不妊治療歴をまとめた電子書籍を作っていました。

電子書籍(Kindle本)を出版しましたこんにちは! メンタルケアカウンセラーのあやです。 1ヶ月ほどブログ更新をお休みしておりました。 何をしていたかというと・・・...

朝は頭がさえているし、
静かな空間ですごく集中できるんですよね。

③左手で歯みがき

私の利き手は右です。
利き手ではないほうの左手を使って朝晩歯を磨いています。
(最後に右手で仕上げをします)

なんでこんなことをしているのかというと、
理由は2つ。

まず1つ目は、
こちらのマインドフルネスの本で紹介されていた
「今、ここに意識をする練習」を実践するため。
【練習1:利き手でないほうの手を使う】

この本は以前の記事でも紹介しています。

日常にマインドフルネスを取り入れてみたら、不安がなくなった話こんにちは! メンタルケアカウンセラーのあやです。 今日のテーマはマインドフルネス。 最近いろんなところで取り上げられてい...
そして2つ目。
「日常にちょっとした不快感(ストレス)」を取り入れることで
メンタル面に良い効果があるらしいのですが、
その方法の1つとしてこちらの本に載っていたからです。
【メソッド22:利き手でないほうの手を使う】
右利きの人であれば、
左手で食事をしてみるとか
字を書いてみるとかでもいいのですが、
私の場合は歯みがきが1番取り入れやすかったです。
普段使わないほうの手で何かやってみると、
じっと集中していないことにはいつまで経っても終わらないので、
たしかにマインドフルネスの練習や脳トレになる気がします。

④通勤時にひと駅分を歩く

今の会社でパートを始めてからは、
行き帰りひと駅分歩くようになりました。
これは2年くらい続いています。
だいたい片道15分くらいを、
YouTubeなどをイヤホンで聴きながら、

できるだけ早歩きで。

今はこの往復30分間のウォーキングが唯一の運動時間です。
あとは駅や会社などで必ず階段を使うようにしたり、
普段の家事をキビキビやったり、
休日は子供と外で遊んだり。

上記で紹介した本「不老長寿メソッド」によると、
まとまった運動時間をとれなくても
こうしてちょこちょこ意識して動くのがよいみたいですよ。

⑤会社では白湯か緑茶を飲む

これは節約も兼ねていますが、
仕事の日には飲み物は買わずマイボトルを持参。
会社のウォーターサーバーを利用して、
白湯を飲むようにしています。
たまに緑茶のティーバッグを入れて持っていくことも。
ちなみに夏もなるべく温かい飲み物を飲むようにしてるんです。
エアコンで体が冷えてしまうので。
健康にも良いし、お財布にも優しいこの習慣は1年以上続いています。

⑥子どもに絵本の読み聞かせ

もともと自分自身、
読書が趣味なので、
自然と子どもにも絵本を読み聞かせることが習慣になりました。
赤ちゃんの頃からたくさんの絵本を買っていますが、
正直何度も読んでいると子どもも私も飽きてきちゃう。笑
だから今は絵本アプリも取り入れながら、
楽しく読み聞かせの時間を過ごしています。
PIBOというアプリなら、
無料で毎日3冊まで読むことができるのでおすすめ。
しかもたまにプラス3冊プレゼントしてくれるというおまけつき!
有料プランなら読み放題です。

図書館の本を利用するのもいいですね。

子どもへの読み聞かせの重要性は、
この本に詳しく書かれていて
「読み聞かせしてきてよかった・・・!!」と心底思いました。
「小さな息子を育てているときはその日常が永遠に続くような気がしてしまうが、過ぎ去ってしまえば、それは人生のほんのわずかな時間。寄り添って読み聞かせをしてあげられる時間をどうか大切に。」
という一節があり、本当にその通りだと震えました。

⑦10分間湯船につかる

汗を、1日1回はかきたいんです私。
でもそんな激しい運動は日頃していない・・・
(というか苦手)
だからそれは入浴のときに!と思って、
毎日10分間は必ず湯船につかるようにしています。
40℃くらいのお湯に10分つかると
汗をダラダラかくことができて、
体も芯から温まるし気持ちよくて最高です。
この習慣もかれこれ2年くらい継続中。

⑧入浴後のストレッチ

おふろを出た後が
1番体が柔らかくなっている気がして、
ストレッチの時間にしています。
この本に書いてあった情報によると、

真向法という第1〜第4体操とウォーキングだけで
最低限の筋力は維持できるそう。
ということでこの真向法を、
入浴後のストレッチとして行っています。

⑨21時に子どもと一緒に就寝

もうこれは、子どもを産んで以来ずっとですね。
(出産直後しばらくは全然寝れないですけど)
もちろん夜中に目が覚めて、
そこからお酒飲みつつ映画を観たり
読書したりすることもあります。
でも基本的には21時に寝かしつけをするので、
たいていそのまま寝落ち。
そして朝5時には起きて・・・
とモーニングルーティンに戻るわけです。
毎日ぐっすり・・・というわけではないのですが、
この睡眠サイクルが私にとっては合っているみたい。

⑩本のインプット・アウトプット・フィードバック

これは読書大好きの私が、

いちばん楽し続けられていることかもしれません。

まず本を読み(インプット)、
アプリの読書メモに残してノートに書き写し(アウトプット)、
実際に行動に移せたかどうかのフィードバックも行います。

〜フィードバックの流れ〜

  1. アウトプットした事柄の中から3つをピックアップし、ノートに残しておく。
  2. ノートを見ながら行動に移していく。
  3. 2週間くらい経ったら、
    ・実践できているかどうか
    ・結果はどうだったか
    を記録。
  4. フィードバック後に、また別の新しく実践したいことを3つピックアップ。
この2冊の本で、
「3つの気付き(インプット)と3つのTodo(アウトプット)」
を実際に行動に移していく方法を学びました。

習慣化するコツ

どうしたら習慣にできるの?
続けたくてもすぐに挫折してしまう・・・

という人も多いと思います。

私が「これを習慣にしたい!」
と思ったときに心がけている、
「習慣化のコツ」が2つあります。

①「今日やること」だけ考える

まずは毎日毎日、「今日だけはやろう」と思い続けること。

明日とか何ヶ月後のことなんて考えず、
ましてや今までどれくらい続いてるかどうかも考えない。
考えるのは「今日やること」だけです。
習慣って結局その繰り返しなので、
シンプルにそれだけで継続できます。

②楽しく続けられるように工夫する

何かを習慣化したいと思っても、
  • 自分が楽しいと思うこと
  • 気持ち良く感じること

実際はそれしか続きません。

だからそう思えるよう、
自分なりに工夫することが大切です。

たとえば①のヨガポーズや、②の10分入浴は、
体が伸びたり汗をかいたりすることが
気持ち良いと感じるから続けられています。
④のウォーキングは、
好きなYouTubeが聴ける時間だと思って
歩く前から楽しみだし、
⑥の読み聞かせは
飽きないようにアプリ利用など工夫したり、
なにより子どもとの時間を幸せに感じられるから
毎日続けられる習慣になっているのです。

楽しいこと、気持ち良いこと、幸せに感じること
ならば、なんだって習慣にできるはず。

なにかひとつでも習慣化してみよう

いかがでしたか?
飽き性の私が
ここ2〜3年だけでも、
こんなに多くのことを習慣化できるとは自分でも思っていませんでした。
ほんの少し考え方を変えたり工夫するだけで、
かんたんに習慣にできるんだ!と実感しているし、
なにより大きな自信にもなっています。
みなさんもぜひ続けたいことがあれば、
チャレンジしてみてくださいね。

いっきにやろうとせず、
とにかくまずは1つだけでいいのです。
なにか1つでも続けることができたら、
それはただの「習慣」なのでもう苦になりません。
1つずつ順番に習慣にしていけば、
きっと人生が変わります!

それでは、

今日はここまで〜!

まとめ

・飽き性でも習慣化は可能
・まずはひとつ徹底的に続けてみる
・良い習慣が増えれば人生が変わる!